SSL化されたサイトは検索結果が有利?

Secure Sockets Layer (SSL)とは、1994年にNetscapeによって開発された世界標準のセキュリティーテクノロジーです。SSLはWebサーバーとWebブラウザーとの間に暗号化し送受信できる通信方法です。機密性の高い個人情報やクレジットカードの情報などを取扱う際にはSSLによる通信が利用されます。

なぜSSLが必要なの?

近年ではインターネットでのお買い物が増えていますが、同時に悪意のあるハッカーなどのネット犯罪の危険も高まっています。通信を暗号化することで第三者による盗聴・改ざんを防ぐのにSSLは有効です。
ログインフォームなど個人情報を入力するページだけでなく、全てのページに「SSL」を実装することで、訪問者がサイト内のどのページを閲覧していても安心をアピールするような取り組みが多く採用されてきております。

Googleが検索結果基準の1つとして発表

多くのユーザが安全に情報を通信するために、SSLは多くのウェブサイトで採用されています。2014年に大手検索サイトのGoogleは、ユーザが安全にサイトを閲覧できるようなユーザ保護の観点から、SSL/TLS実装の有無を検索結果の基準の1つとすることを発表しました。
SSL/TLSを実装して安全性を考慮したウェブサイトが推奨されています。

SSLで防げる3つのリスク

①なりすまし

サイトの運営者を装ったサイトが個人情報やクレジットカードなどの情報を取得し悪用されるリスクを軽減します。

②盗聴

データ通信を盗聴することで、メールアドレスや住所などの情報を収集し悪用されるリスクを軽減します。

③改ざん

データを改ざんすることで注文内容などを改ざんされるリスクをなくします。発注内容などが第三者により変更されていないことを保証します。

企業サイトにもSSLを実装しましょう!

ユーザがショッピングやサービスを利用する際に重要視するポイントとして『SSL暗号化通信がされていること』を挙げているそうです。

SSLでないサイトはブラウザのアドレスバーに「保護されていません」と表示されるようになります。ショッピングサイト以外の企業サイトでもお客さまに安全に閲覧いただき、安心してお問い合わせいただけるようにすることが大切ですね。

「こんなに便利」「こんなに快適」をコンセプトに、LPガス器具の良さを分かりやすいイラストとキャッチコピーで表現しているガス器具チラシ。ガス器具拡販のツールとして是非ご活用ください!!


お店新聞やニュースレターを発行することにより、お客さんとの接触が増え、顧客の流出を防ぐことができます。定期的に発行するお店新聞やニュースレターは定期的な売り上げ確保に最適なツールだと言えます。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする