ニュースレター一覧

本文かタイトルかで書体を決める

本文とタイトルでフォントを分ける方は多いと思いますが、どうわけていますか?せっかく書く文章ですので読み手に伝わりやすい、読みやすい校正を心がけましょう。フォント選びの基準を思えておけば、もう資料作りの際に書体で悩む必要はありませんよ。

伝わる書体

フォントで悩んだことはありませんか?パソコンに内蔵されているフォントの中には読みやすいフォントもあれば読みにくいフォントもあります。タイトルに向いてるフォントもあれば、長い文章を書くのに向いているフォントもあります。したがって、フォントの使い方を間違えると、資料は台無しになってしまいます。 数回にわたってフォントについて書いてみようと思います。

顧客の流出を食い止める

5対25の法則とは、会計分野の専門用語で、「顧客の流出の5%を食い止めれば、利益が25%改善する」というものです。 信頼関係がある顧客であれば、口コミで宣伝もしてくれるので、派手な広告宣伝をしたり、キャンペーンを展開するなどのコストを少なくすることができます。 100人顧客がいたとして、そのうち5人を引き留めることができたとすれば、その5倍の25人の顧客を獲得したようなもので、利益改善につながっていくというのです。 獲得した新規顧客、このうち5%を引き留めることができれば、コストが25%ダウンできる、つまりその分が利益になるというのが、5対25の法則なのです。

信頼を勝ち取るにはコツコツと…

「人間は物事を21日で忘れる」と言われていますが、お客様の記憶に残るには毎月1回以上の接触が必要です。ですのでソフィア企画では、下図のようなアプローチ方法をおすすめしています。短期間に合う回数を増やせば、お客様はあなたのお店のことを忘れないどころか、丁寧な店という印象を与えることができるのでリピート率アップ!!商品購入から4週間後からは、月に1度のニュースレターでお客様の常連化を図るのが効果的です。

ガス屋さんだってSNSを活用

なかなかガス屋さんはまだ自社のホームページもお持ちでない方が多い業界だということや、抱えているユーザーがお年寄りが多いということもあり、SNSなどを活用されている企業さんは他業種に比べて少ないように感じますが…紙のニュースレターだけでなく、SNSをどんどん効果的に活用でたらいいなー!そんな仕組みはないかなーと現在模索中です♪